近くが見えないので、老眼のサプリメントを飲んでいます。

私は、今でも視力1、0です。だから、視力は良い。なのに最近、子供が大学入試の資料を取り寄せて見せてくれる。しかし、それが近くて見えない。「見えない」というと子供がその資料を近くに持ってきてくれる。そうすると余計見えない。息子からこんな大事なものをどうしてしっかり見てくれないの?と、役立たず的な目で見られました。
そういえば、本を読む時、短い腕を伸びるところまで伸ばさなければ字がぼやけて見えなくなっていました。
私は視力が良い。だから、メガネなど必要ない。だから目が悪いという方の症状や気持ちはわからない。
そう思ってきたのいに、今ではすっかりその気持ちがわかります。

眼科へ行きました。視力は良いし、眼科的には何にも問題はないと診断。でも、私は目が悪い。見えにくいと訴えましたが、まだ、必要ないと。
仕方なく、眼鏡屋さんへ行きました。その時同席した夫の方が老眼でメガネが必要だと夫は眼鏡を購入しました。
いいえ!私は字が見えにくい。近くだとぼやけてしまう。仕事中も折角渡された資料を遠くに置いて離れた場所で見ている。
化粧品を買おうとしても、説明書が見えない。
私は、文字がぼやけて見えず、困っている。
メガネが必要ないと言われても、日常生活に支障をきたしている。このままではいけない。
メガネが必要がない?だったら、これ以上悪くならないようにするしかないと開き直りました。

インターネットで調べてみると、老眼を治す治療は、レーザーや食事治療、筋肉トレーニング、休息、「ツボ」を刺激する方法が有効なようです。
老眼はいわば、筋力低下ですので、遠近法、眼球ストレッチを毎日10分程度で良いので継続させる。
食事療法としては、ルテインやアントシアニンを取り入れる。ほうれん草やケール、なす、黒豆、ブルーベリーなどですね。
タオルを使って自宅で簡単にできる冷温法と温罨法も有効的だそうです。
毎日、簡単に習慣として行っていけば成果は出ます。

私は視力が良い。また、そんな自分を取り戻したいです。
まだ見ていない素敵な物語を読むためにも。

そこで、私は食事療法と合わせて、老眼のサプリメントを飲むことにしています。

先ほどのルテインやアントシアニンが入ったものです。どれだけ老眼のサプリメントが効果的かはまだ分かりませんが、信じて少しの間飲み続けてきたいと思います。